« ハードディスクのデータを完全消去! | トップページ | MS-Accessの小技 »

2010年1月25日 (月)

POMERAでプログラムを書く

UWSCならばPOMERAでもマクロプログラムが作れます。

POMERAで直接動かせる訳では無いのですが、UWSCというツールを使えばWindowsで動くプログラムを作成する事ができます。

テキスト入力ができるツールはそのままプログラムコードが書けるからです。

私は今、求職中なのでハローワークのサイトを見る機会が多いのです。

そこで自動的にハローワークのサイトを開き、私自身の求職コードを自動入力して東京地区を選択するまでのUWSCのコードを書いてみました。

以下がそのコードです。

http://www.ne.jp/asahi/nrys/tkzw/Kyujin_UWSC.htm

http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se115105.html」のサイトから無料で使えるUWSCのツールをダウンロードして、上記のコードをコピーして張り付けるだけで簡単に動かす事ができます。

このツールの有償版は実行ファイルを作成できるので、自分の作成したプログラムをWindows上で実行する事もできます。

定型業務の自動実行等、高価なアプリケーションを購入する前に、こういった自作できるツールを試してみる事も面白いと思います。

MS-Office系列のアプリケーションの制御もできるのでこのマクロツールを習得する事で「毎回同じ操作をする」という「手間」を省く事が可能になる事請け合いです。

« ハードディスクのデータを完全消去! | トップページ | MS-Accessの小技 »

私の思い、私の主張!!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547282/47387739

この記事へのトラックバック一覧です: POMERAでプログラムを書く:

« ハードディスクのデータを完全消去! | トップページ | MS-Accessの小技 »