日記・コラム・つぶやき

2010年5月 2日 (日)

そういえば去年のゴールデンウィークは・・・!

ゴールデンウィークの3日目である。

と言っても無職の私には毎日がお休みなので全く関係ない話なのだが・・・。

ゴールデンウィークで思い出した事があった。

昨年のゴールデンウィークの時の事だ。

一般的に、仕事と言うモノは発注があり、受注が確定してから仕事に取り掛かるモノなのだが、昨年、私が知っている企業の場合は違っていた。

その企業は顧客からIT関連機器をカスタマイズして送り出す仕事をしていたのだが、この時は新しい機種で新しい技術を利用したIT機器を数百台、 カスタマイズをして納品する事を予定していた。

カスタマイズする部署の担当者は事前に導入する部門の担当者から、数百台の導入の可能性がある旨の情報を聞いていたが、決定事項では無かった。

導入時期も確定していた訳では無く、「もしかしたらゴールデンウィーク明けに導入するかも知れない」という程度のものだった。

現在でもそうだが、景気はかなり下降気味でカスタマイズする部門も経費削減にかなり敏感になっていたのだが、何故かカスタマイズする部門の担当者はゴールデンウィークに休日出勤をしてカスタマイズを行う指示を協力会社に指示したのだ。

昨年のゴールデンウィーク中、カスタマイズを実施する部門では平日と同等に近い人数の休日出勤をし、数百台のIT機器のカスタマイズを行った。

その結果はどうなったかと言うと、ゴールデンウィーク明けにその機器は全く導入されず、数か月でやっと数十台程度導入されるだけだった。

数百台も準備してあった機器はその後も導入する気配すら無く、新品のまま倉庫に山積みされる事となった。

導入する予定であった部門も不景気の煽りを受けて、そうそう新機種の導入に踏み切れない事が原因だった様だ。

ではカスタマイズする部門はどうなったかと言えば、休日出勤を依頼した協力会社に対し、5月の休日出勤が多いという理由で業務の見直し調査を始めたのだ。

揚句に協力会社に予定工数以上の超過勤務を「帳消し」にする事を依頼する等、無茶苦茶な要請をしていた様だ。

導入計画の確定を待たずにカスタマイズ部門の担当者が独断で協力会社に休日出勤を要請すれば超過勤務の費用はカスタマイズ部門の持ち出しになるのは当たり前の結果である。

休日出勤の時間が多いと言う結果のみを見て、業務見直しの調査を始めるカスタマイズ部門の管理者達の考え方は、当時も今も私には理解出来ない思考パターンである。

このカスタマイズをする部門は導入部門とは別の企業の様である。

協力会社も私とは関わりの無い企業なのだが、もし、昨年のゴールデンウィークの休日出勤の人件費を本当に協力会社に「帳消し」を依頼していたら、これは何かの法律に違反する様に思うのだがどうなのだろう?

自分から休日出勤を依頼して予想通りの展開にならなかった場合、デメリットになった結果のみを取り上げて問題のすり替えを行い、金銭的リスクを下請けに押しつける。

最近の米軍基地問題(自分で期限を切っておきながら、出来ないと判るや問題を場所や工法の問題にする変えて責任を回避する。結果、被害を被るのは現地の人。)と同じ様な事をやっていた様だ。

今思い出してもやれやれだ。

2010年3月29日 (月)

本当はだれの子??!

もう10年くらい前の事だ。
私は初めてコールセンターのサブスーパーヴァイザーという仕事をした時の話である。
当時私が勤めていたコールセンターのオペレーターは9割近くが女性で、十代から五十代の様々な年齢の女性が居た。
ある三十代の主婦が休憩室で「旦那には言えないけど・・・・」という前ふりで話が始まった。
この三十代の主婦は顔は整っており、結構美人系でグラマーな女性である。
そして話の内容なのだが、結婚してからも結構男遊びを旦那に隠れてやっており、或る時失敗して「妊娠」してしまったそうだ。
慌てたその三十代の主婦は「妊娠」を自覚したその日に旦那と改めて夜の営みをして種付けしたとの事。
そして無事(?)出産したそうだが、生まれた子供はどうも旦那には似ていないそうだ。
私は余りにも生臭い話だったので絶句して聞いていたが、話の終わりにその三十代の主婦は一言、「私は今でもその手が通用するからいつでもOKよ!」と熱い視線で見つめられた。
勿論、私は一回だけ遊んでもらった。

2010年2月21日 (日)

イーモバイル

もう10年以上前になるが、私は電話関係の仕事をした事が有る。
電話といっても電話回線を利用したサービスの提供を売り込む仕事だ。
今では当たり前かも知れないが、メタル回線をADSLとか光回線に切り替えて高速通信を普及させる仕事だ。
今でもISDNというメタル回線でのデジタル回線が残っているが、デジタルなのに通信回線速度が64Kbしかないサービスだった。
それでもモデムやカプラーを使ったアナログ通信よりは魅力的なサービスだったのだ。
それを1Mb以上の通信回線速度の出るADSLや光回線に変えてゆく仕事はとてもやりがいのある仕事だった。
当時から無線の通信インフラの整備をPHSに期待していたのだが、先日その夢も絶たれてしまった感がある。
現在、2月19日から3月18日までのいカ月間、「イー・モバイル」でキャンペーンをしているそうだ。
興味のある方は以下のアイコンをクリックして欲しい、

2010年2月 7日 (日)

事件発生!!?

昭和の時代の話である。
私は富士スーパーの電算化に協力会社の派遣社員として務めていた。
当時、富士スーパーの電算業務は365日の年中無休で運用していた。
勿論、社員や事務の女の子たちは土日はお休みである。
事件は日曜日の朝、私が富士スーパーにコンピュータのオペレーション業務をする為に出社した時に発見した。
当時は今ほどのセキュリティ感覚は無く、休日に事務所に出入りする社員(派遣社員も含む)に入室用の鍵が配られていた。
朝8時に仕事を開始するので、7時50分頃には事務所に入るのだが、鍵を回し扉を開いた時点で普段と違う状況に気付いた。
ドアを開くと受付用の机があるのだが、その前に「」が脱ぎ捨ててあったのだ。
おや?と思いつつロッカールームに向かうと今度は背広の上着、更にネクタイ、ズボン、靴下・・・・最後はパンツだ
不審に思った私はロッカールームに足音を立てずにゆっくりと歩いて行った。
気配を殺してロッカールームに入ると、そこには全裸の男がうつ伏せに倒れていた。
私は深呼吸して自分を落ち着かせ、全裸で倒れている男の口元に手を差し出して、息をしているかを確認した。
そして倒れている男の顔を見て二度ビックリだ。
今日一緒に仕事をする筈だった後輩社員だったのだ。
これは何か事件に遭ったのだと思い、後輩社員の頬を軽く叩きながら「どうした!大丈夫か!?」と後輩社員の状態を」確認した。
後輩社員は無言で立ちあがり、全裸のまま外に出て行った。
暫くして、そして何事も無かった様に後輩社員は「おはようございます!!」と挨拶してきたのだ(もう服は着ていた)。
私は全裸で事務所に倒れていた事を聞く事もなく「おはよう!」と返していた。
事件では無かった様だ。

2010年NHK大河ドラマ「竜馬伝」の主人公になろう!
「坂元くん」

壊れた自動ドアはどうなった???!

確か私が鮫洲の佐川急便に協力会社の派遣社員として勤めていた頃に聞いた話だが、
当時の佐川急便の「貨物追跡システム」と言われていたシステムはNEC制の「大型汎用コンピュータ」で1時間毎のバッチ処理で貨物の移動状況を更新していた。
大型汎用コンピュータ」と言うモノは専用の施設内に設置されるもので、その施設は常に室温、湿度が一定に保たれていて、事務所とは隔離されている。
佐川急便の場合、その隔離されたマシンルームに出入りする時に「ガラス張りの自動ドア」を通るのだが、一度その「ガラス張りの自動ドア」を壊してしまった事があったそうだ。
その人の名前は忘れてしまったが、とてもお酒の好きな人で、その事件を起こした前日に大酒を飲んでしまい、酔った勢いでマシンルームに入り込んでそのまま眠ってしまったらしい。
そのまま朝が来て朝礼が始まったそうだが、眠っていた彼も慌てて朝礼に参加しようとマシンルームから走って出ようとしたその時、「ガラス張りの自動ドア」に激突してしまったのだ。
物凄い音とと共に「ガラス張りの自動ドア」は割れてしまい、激突した彼も顔から流血していたらしい。
慌てたのは周りの人たちで「大丈夫か?」と駆け寄ってきたそうだが、激突した本人は「何かあったんですか?」と何事もなかった様な素振り。
彼は自分が流血している事にも気付かず、皆の心配をよそにそのまま朝礼に参加したそうだ。
それから数分後、朝礼が終わってトイレに行き、自分の流血状態を見て初めて事の重大さに気付いたそうだ。
それより「ガラス張りの自動ドア」はどうしたんだろう?
変な話だ!

2010年NHK大河ドラマ「竜馬伝」の主人公になろう!
「坂元くん」

2010年2月 6日 (土)

夜中の衝突

確か今から14年くらい前だったと思う。

私は事務の女の子と付き合っていたのだが、ある日会社をサボって二人で富士の裾野辺りまでドライブに行った事がある。

夜の帰り道、前の車が妙にフラフラと危ない運転をしていた・・と思うといきなりその車の横に別の車が猛スピードでぶつかった。

危ない運転をしていた車の運転手はかなり飲酒をしていて、確認もせずに道を横切ろうとしたのだ。

そこに直進してきた車が突っ込んだのだ。

車のエンジンオイルが漏れている。

幸い両方の運転手は生きていた。

野次馬が集まる中、私たちは何も無かった様にそこを立ち去った。

その後府中のラブホテルで女の子と下半身が衝突した。

2010年NHK大河ドラマ「竜馬伝」の主人公になろう!
「坂元くん」

余計なお世話!

確か私が鮫洲の佐川急便に協力会社の派遣社員として勤めていた頃、佐川流通センター(SRC)の中に社員用の食堂があった。

私は安い値段で食べられる社員食堂をよく利用していたが、ある日を境に利用しなくなった。

伊藤君という名前だったと思うが、彼が取った煮込みハンバーグの皿に小型のゴキブリが調理されて入っていたのだ。

私は伊藤君が食べてはいけないと「親切心」で「伊藤君!君のハンバーグにゴキブリが入っているよ!」と教えてあげた。

伊藤君曰く、「何も言わなければ除けて食べたのに・・・・!

私は「そう、ゴメンね!」と言うしかなかった。

2010年NHK大河ドラマ「竜馬伝」の主人公になろう!
「坂元くん」